コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

相互リンク
点線相互リンクについて
点線新人賞をとって作家になる人たち
点線かんたん相互リンク

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR−18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞



2017年01月04日

書評 第23回日本ホラー小説大賞優秀賞 『きみといたい、朽ち果てるまで』

第23回(2016年)日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作
『きみといたい、朽ち果てるまで 〜絶望の街イタギリにて』 坊木椎哉

タイトル通り「朽ち果てるまで」の展開には驚きましたし、そこからの表現力、描写力の高さに惹きつけられました。

無法地帯の町「イタギリ」で、ゴミ集めの仕事に従事する無国籍の少年晴史。ゴミの中には死体も含まれ、晴史が組む竹林老人は管理組合の職員から優先的に賃金のいい死体処理を回してもらえるため、その仕事が多い。

イタギリにも歓楽街があり、その極楽通りに似顔絵かきの少女が座っています。いつからか晴史はこの少女に惹かれるようになりますが、彼女もまたイタギリの多くの女や少女がそうであるように売春を目的とした「物売り」の一人です。

どこまでいっても暗く、救いのない人々の営みが連なり、連続殺人事件が起き、さらに少年の未来へのささやかな希望も現実の前につぶされていきます。

セクシャルマイノリティの竹林老人、小説家志望の樹戸、記憶障害をもつ月丸、元ヤクザの住職など、濃いキャラクターが物語の彩りとなっています。

貧困と無知のために少女は混乱し、やがて自ら命を捨てます。そんな少女に少年は寄り添い続けます。

オリジナリティはあまり感じませんでしたが、ひとつの世界を描き出そうとする力、それを支える筆力を感じさせる受賞作でした。



posted by かつき at 17:00| 新人賞受賞作書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

書評 第8回朝日時代小説大賞 『慶応三年の水練侍』

第8回(2016年)朝日時代小説大賞受賞作
『慶応三年の水練侍』 木村忠啓

勤王派と佐幕派がせめぎ合う幕末に、17年前の火薬爆発事故の禍根を抱く若者と、藤堂藩砲術師範の市川清之介とが水術で対決します。

そんな悠長なことをしてていいのかと思いますし、政治思想をコロッと変え勤王派に寝返った藤堂藩の裏事情に絡めていますが、少々わかりにくい。

ただひたすら、清之介が伊賀者について水術の鍛錬をする二カ月がおもしろい。近代の鍛練法など知らないはずなのに、妙に理にかなった訓練法が次々に展開されます。ここには著者の創造性がうかがえ、楽しませてもらいました。

伊八と国兵衛の人物造形も役割分担もおもしろく、淡々としていながら読者を引き込む力があります。

二度の火薬庫の爆発事故や、兄と慕った谷口善之丞の死亡事故も、災害の多い現代とリンクし、決してよそ事には感じられません。

欲を言えば、善幸に清之介が最後までやられ続けたのが不満です。少しはこの思い上がった若者に、世の中はままならないものだということを清之介が示してほしかった。

著者はスポーツ時代小説というジャンルを確立したいそうですが、薀蓄を物語に落とし込むのに成功しています。是非、これからもユニークな時代小説を読ませてほしい。




posted by かつき at 12:06| 新人賞受賞作書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

第19回小学館文庫小説賞 応募要項

第19回(2018年)小学館文庫小説賞の応募要項を更新しました。

締切は2017年9月30日(当日消印有効)
発表は2018年5月

応募原稿枚数、選考委員に変更はありません。

小学館文庫小説賞のページはこちらです。

posted by かつき at 12:00| 情報更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

第8回日経小説大賞 発表&第9回 応募要項

第8回(2016年)日経小説大賞が決まりました。

受賞作は
 「姥捨て山繁盛期」 太田俊明✨

太田さん、おめでとうございます!

第9回の応募要項も発表されました。

応募期間は2017年4月1日〜6月30日締切(当日消印有効)
発表は2017年12月

応募原稿枚数に変更はありません。

日経小説大賞のページはこちらです。


posted by かつき at 12:00| 新人誕生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

日本ファンタジーノベル大賞 選考委員座談会

「小説新潮」2017年1月号に日本ファンタジーノベル大賞の選考委員恩田陸、萩尾望都、森見登美彦による座談会『「何を書いてもいい切符」あげます』が掲載されています。

応募される方は目を通しておくといいでしょう。

ファンタジーノベル大賞のページはこちらです。



posted by かつき at 12:00| 情報更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする