コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

相互リンク
点線相互リンクについて
点線新人賞をとって作家になる人たち
点線かんたん相互リンク

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR−18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞



2017年02月11日

書評 第11回小説現代長編新人賞 『お師匠さま、整いました!』

第11回(2016年)小説現代長編新人賞受賞作
『お師匠さま、整いました!』 泉 ゆたか

出版されるにあたり、大幅改稿されたらしく、選評と違っているところが見られます。

年の離れた算術家の夫に先立たれた24歳の桃を語り手に、桃の寺子屋の二人の生徒――両親を災害で亡くした15歳の春、良家の才ある子女・鈴――を描きます。

和算を扱いうのですが、師匠の桃が苦手で、春と鈴が才能をめきめきと伸ばすという趣向によって、葛藤や衝突、人間のあざとさが浮かび上がってきます。小説の中で繰り返し説明し過ぎるところもある一方、なぜ学問に情熱を持てない桃が寺子屋の師匠の座を守るのかはあまり触れられません。この辺りを深く描くと、もっとおもしろくなったでしょう。

また桃が濁流にのまれた春を救うのは、ムリがあり過ぎますし、その後、なぜ平助に嫁ぐのかがわかりません。

ただ三人の女性のキャラクターと生き方、関係性を描き出そうとするのは成功しています。特に春に対して終始温かく描き、魅力的なキャラクターに仕上がっています。

文章もすらすらと読みやすく、わかりやすい。落雁や西瓜のエピソードなどは女性作家らしい細やかさで、印象に残りました。



posted by かつき at 12:00| 新人賞受賞作書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

『書く人はここで躓く!』 追加

小説指南書 ★★★★★に『増補新版 書く人はここで躓く! 作家が明かす小説の「作り方」』(著:宮原昭夫)を追加しました。

著者は芥川賞作家で、多くの小説講座の講師を務めます。長く品切れでしたが、受講生の村田沙耶香が第155回芥川賞を受賞し、その受賞インタビューで本書に言及したため、増補出版されました。

小説を何作か書いているが、新人賞に応募しても落選してしまう人向きの小説指南書です。

「書き方」よりも「作り方」に重点を置き、思いつきをそのまま書くのではなく、どのような作り込みをするか、シーン、設定、展開、新局面、人物造形、物語、描写と情報、会話、文体、読者との距離などについて丁寧に説明しています。

設定と人物造形と展開といった多岐にわたる小説の作り込みの、有機的な繋がりも書かれています。これは他の指南書では見られない視点です。純文学、エンターテインメント、どちらのジャンルでも使えます。

底が浅く、著者が自分の想いを書いただけで、何の感動も読者に与えていない。そんな創作から脱出するのに本書はとても役に立つでしょう。


posted by かつき at 17:00| 情報更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

第2回創元ファンタジイ新人賞 決定

第2回(2017年)創元ファンタジイ新人賞が決まりました。

受賞作は
「宝石鳥」 ときざわあきこ✨
優秀賞 「ぬばたまおろち、しらたまおろち」 白鷺あおい✨

ときざわさん、白鷺さん、おめでとうございます!

創元ファンタジイ新人賞のページはこちらです。


posted by かつき at 17:00| 新人誕生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

第8回アガサ・クリスティー賞 応募要項

第8回(2018年)アガサ・クリスティー賞の応募要項が発表されました。

締切は2018年1月31日(当日消印有効)
発表は2018年7月頃

選考委員は北上次郎・鴻巣友季子・藤田宜永・ミステリマガジン編集長

応募原稿枚数に変更はありません。

アガサ・クリスティー賞のページはこちらです。

posted by かつき at 17:00| 情報更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする