浅田次郎 「わたしはこうして作家になりました」

神の定めた才能っていうのは 人間の力で克服できるはずだと信じている 「浅田次郎」というペンネームの由来をご存知だろうか。  少年時代より小説家を志し、13歳で『小説ジュニア』に初投稿。以来、ありとあらゆる新人賞に投稿し続けたこの人が、30歳にして始めて「群像新人賞」の予選だけは通過した、その作品の主人公の名前こそ実は「浅田次郎」。 「ただね、誤解される向きがあるんですけれど、落ち続け…

続きを読む

岩井志麻子 「わたしはこうして作家になりました」

私の転機はいつも必ず天使じゃなくて、 鬼の顔をしてやってきました  (前略)  なにげに書いて送った短編が「小説ジュニア」で佳作に入選したのは高1の時だった。この時の賞金3万円。以来「懸賞に応募するような気持ちで」投稿し続けるようになる。  作家になろうなんて大それた気持ちはなかった。集英社の編集部から「直接原稿を見てあげましょう」と声をかけてもらった時でさえ「年上の文通相手ができた…

続きを読む

いしいしんじ 「わたしはこうして作家になりました」

「何でもできる」と思っていた自分が 「これしかできない」と気がついた (前略)  変なかっこうで出勤してもむしろ歓迎された。丸坊主にすれば「次は金髪にしろ」と言われる。「いしいみたいなヘンな社員がいるうちの会社に来ませんか」。要は広告塔だ。そんなわけで入社2年め、アフリカ東海岸にシーラカンスを釣りにゆく旅にでかけ、その旅の絵日記をお土産代わりにコピーしてまわりに配ったところ、会社が10…

続きを読む

デビューのためのイメージトレーニング

第96回(2003年)文學界新人賞を受賞して デビューした絲山秋子が、エッセイ『絲的メイソウ』で デビュー前におもしろいイメージトレーニングを していたことを披露。 イメージトレーニングがどれくらい効くのかはわかりませんが 執筆の息抜きに、本屋でお遊びするのもいいのではないでしょうか。  筆名が出来てからやったことは書店でのイメージトレーニングだった。デビュー前の私は、書…

続きを読む

三度目の正直? 松尾由美

 そもそも、小説家・松尾由美(出世時の本名。現在はペンネーム)なる人物はいつデビューしたのか。  もし訊かれれば、一九九一年、短編「バルーン・タウンの殺人」でハヤカワSFコンテストに入選した時――と答えることにしている。つまり今年が十五周年。長いような短いような、いろいろあったようななかったような。  いとはいえ、ほかの答え方もある。たとえばデビューというのを「その名前で商業出版の雑誌に原稿…

続きを読む

加納朋子のデビュー話

加納朋子は第3回鮎川哲也賞を受賞してデビュー。 『本格ミステリー・ワールド 2007』の 「女たちのミステリー鼎談」で 柴田よしきと篠田真由美と対談し デビューするまでを語っています。 加納 (前略)短大を卒業して就職したんですね。そのまま三年経って、そろそろ仕事にも慣れて余裕が出てきたころ、社販で思い切ってワープロを買ったんです。ちょうどラップトップ型が出たばかりで高かったん…

続きを読む

篠田真由美のデビュー話

篠田真由美は第2回鮎川哲也賞の最終候補まで残りデビュー。 『本格ミステリー・ワールド 2007』の 「女たちのミステリー鼎談」で 柴田よしきと加納朋子と対談し デビューするまでを語っています。 対談前半に柴田よしきの爆笑デビュー秘話があり それから続いています。 篠田 私はそんなにおもしろいことはなくて(笑)、ミステリーに対する興味も薄くて、二十代三十代にはファンタジー…

続きを読む

柴田よしきのデビュー話

柴田よしきは第15回横溝正史ミステリ大賞受賞作家です。 『本格ミステリー・ワールド 2007』の 「女たちのミステリー鼎談」で 篠田真由美と加納朋子と対談し デビューするまでを語っています。 柴田 私は実は、最初は純文学小説を目指していたんです。でも、自分でこれは向いてないな、と一度はあきらめたんです。 篠田 ええっ!? てっきり、ずっとミステリー一本だと思ってた。 …

続きを読む

麻見和史のデビュー話

麻見和史は第16回鮎川哲也賞受賞作家です。 「本格ミステリー・ワールド2007」の 「2006年新人対談」で 二階堂黎人、鏑木蓮(第52回江戸川乱歩賞受賞)と対談し デビューするまでを語っています。 麻見 先ほどもお話しましたが、かなり迷走していた時代がありまして、大学を出てからは芝居の脚本なんかを書いていました。ただ、脚本って、演出家に渡したあとは現場でどんどん変わっていって…

続きを読む

鏑木蓮のデビュー話

鏑木連は第52回江戸川乱歩賞受賞作家です。 「本格ミステリー・ワールド 2007」の 「2006年新人対談」という 二階堂黎人と麻見和史(第16回鮎川哲也賞受賞)との対談で デビューするまでを語っています。 二階堂 そこからどういった経緯で、それぞれ、この賞に応募されたんでしょうか。 鏑木 最初は「オール読物」、「小説推理」といったミステリーの新人賞、それからこれはミステ…

続きを読む

コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞