原田マハ「書きたい物語が自分の中で蓄積していました」

原田宗典の妹である原田マハ。 そのデビューは兄に比べると遅いのですが そこに至るまでの時間は彼女の糧となっています。 「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」から抜粋しています。 ――小説家になろうと思ったきっかけは、やはりお兄さんの宗典さんの影響ですか? 原田 もちろんそれもありますが、私は小さい頃から小説も好きでしたが絵も好きで、将来どちらかに関する職業に就…

続きを読む

瀧羽麻子「実は私、経営コンサルタントなんです」

「作家になりたい」と強く思っておらず たまたま書いた小説を応募したら受賞したという瀧羽麻子。 「ダ・ヴィンチ文学賞」はそれほどレベルが高くないので これからが大変だとは思いますけれどね。 「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」から抜粋しています。 ――失礼ですが、瀧羽さんは、今、おいくつで? 瀧羽 二十六歳です。 ――……お若いですねぇ。この若…

続きを読む

山本一力「私たちは新人だった 辛かった、楽しかった、あの頃――」

山本一力が借金返済のために 小説の新人賞を目指したのは有名です。 デビュー作の『蒼龍』は新人賞を目指す彼の姿と重なります。 その後の話を「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」で書いています。 雑誌から抜粋します。  すべて手探りで書きあげた処女作を小説新潮長篇新人賞に送り、数ヶ月後、最終候補に残ったとの知らせを受けた。舞い上がった。すっかり自分が受賞するものと思い…

続きを読む

坂東眞砂子「私たちは新人だった 辛かった、楽しかった、あの頃――」

「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」で 坂東眞砂子が、小説家になるために選んだ生活について書いています。 彼女はすでに子供向けの本を出していたので 出版社とつながりがありました。 けれど新人賞を目指すことも 彼女が書いているように「1か0か」だと思います。 各個人それぞれに制約があるなかで、書くか書かないか。 それだけの差なのです。 記事から抜粋しています…

続きを読む

出久根達郎「私たちは新人だった 辛かった、楽しかった、あの頃――」

「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」で 出久根達郎がデビューするまでの苦労話を書いています。 古本屋の店主から、ユニークなエッセイが受けて 作家デビューしたと思っていましたが 実際は大変な下積み時代があったのを初めて知りました。 記事から抜粋しています。  編集後記がわりに、「店番日記」風のエッセイを、毎号載せた。商品はさほど売れなかったが、エッセイの…

続きを読む

長部日出雄「私たちは新人だった 辛かった、楽しかった、あの頃――」

長部日出雄が週刊誌記者時代に 吉行淳之介から学んだという 仕事に対する姿勢について語っています。 「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」から抜粋しています。  「週刊アサヒ芸能」が主な仕事場であった関係で、吉行淳之介さんがその雑誌で連載対談を始めることになったとき、構成者の役割が回ってきた。  構成というのは、速記を雑誌のページ数に合わせてまとめる仕事で、…

続きを読む

安部龍太郎「私たちは新人だった 辛かった、楽しかった、あの頃――」

作家デビューするために、出版社に売り込みに行った安部龍太郎。 「小説新潮」2007年12月号 特集「作家になる道」の「助走の頃」で このように綴っています。  帰国後すぐに辞表を出し、本格的な作家修業を始めた。一年目は長年書きついできた長編を完成させ、出版社に売り込みに出かけた。アプローチした十数社のうち、読んでくれたのは二社である。  一人は筑摩書房の橋本さん。もう一人は毎日新…

続きを読む

浅田次郎×小池真理子「作家になる道」

浅田次郎と小池真理子の対談。 おふたりは新人賞ではなく エッセイと自分が企画した本でデビュー。 しかし本を出してからは順調な作家人生です。 作家として「小説を書く」ことの真実を 「何冊読んだか、何枚書いたか」という言葉で表現しています。 ある意味、デビューするまでにいっぱい苦労した人ほど 貯金を積んでいるような気がします。 浅田 近頃の新人作家は「小説なんか書いちゃい…

続きを読む

道尾秀介「感情を描くためにミステリーを書く」

ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞してデビューした道尾秀介。 緻密に練られた伏線とミステリ、ホラーで ファンを魅了しています。 その作家を目指した時のことをこのように語っています。 道尾 十九歳、大学二年の頃でした。何かを目指して十年間やってみて、それでもモノにならなければ才能がない、という気持ちがあって、とにかく三十歳まで頑張ってみようと。そのリミットぎりぎりの二十九歳のときに、…

続きを読む

万城目学「門の向こうには、なんにもなかった」

デビュー作『鴨川ホルモー』が大ブレイクして 順風満帆な作家生活をスタートさせた万城目学。 彼は会社を辞めて新人賞応募生活を2年おくり 『鴨川ホルモー』でダメだったら 作家をあきらめようと思っていたそうです。 万城目 作家になりたかったというよりも……まず、効率が悪いと思ったんです。結局、二年で一五〇枚の中編一作しか書けなかった。それだったら、会社を辞めて集中してやってみて、駄目…

続きを読む

コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線バディ小説大賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞