2014年11月15日

カタカナ表記

応募作の中で意外に多いのが、カタカナ表記の間違いです。

カタカナは外国語が日本に入ってきたときに決まったものが多く
実際に発音する音と、表記する文字の乖離があります。
外国語を日本語にしているため、無理があります。

ですから習慣的に書かれるカタカナ表記となります。

悩んだら辞書を引いて、確認してください。

応募作でよく見る、間違ったカタカナ表記を挙げてみます。

・正「パーティー」/誤「パーティ」
・正「ティー」/誤「ティ」
・正「エレベーター」/誤「エレベータ」
・正「コンピュータ」/誤「コンピューター」
・正「コースター」/誤「コースタ」
・正「ベッド」/誤「ベット」
・正「パーティション」/誤「パテーション」「パーテーション」
・正「グラデーション」/誤「グラデェーション」
・正「シチュエーション」/誤「シュチュエーション」
・正「ティッシュ」/誤「ティシュ」
・正「キャリア」/誤「キァリヤ」

ただし、慣習的な表記ですので、絶対にこの表記でなければ
いけないというわけではありません。
著者が表記にこだわりがあるのなら、かまいません。
その場合は、作品の中で必ず統一させます。

このカタカナ表記で紛らわしい言葉に
「アタッシェケース」があります。
ビジネスマンなどが仕事で使う鞄のことですが
通常、「アタッシュケース」と発音されますので
多くの方が「アタッシュケース」と表記します。

しかし、これは間違い。
「アタッシェケース」が正しい。

ただここ数年、「アタッシュケース」と表記されることが
多くなりました。
「アタッシュケース」が一般的といってもいいでしょう。

また飴の「キャンディ」は、正しくは「キャンディー」と
表記しますが、これも正しい発音から「キャンディ」と
表記されることが多くなりました。

このようにカタカナ表記は変わってきます。


原稿用紙の書き方
車(セダン)書き方の注意
車(セダン)漢字とルビ
車(セダン)誤字脱字・変換ミス
車(セダン)カタカナ表記
車(セダン)ひらがな・漢字表記統一

posted by かつき at 16:35| 原稿用紙の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

誤字脱字・変換ミス

応募作に誤字脱字、変換ミスがあっても
選考で落されることはありません。

しかし、ミスがなければ、それだけしっかりと
小説を仕上げようという意志を感じますし、
推敲できている証拠になります。

最終選考に残る作品は
やはり誤字脱字、変換ミスが少ないです。
小説の隅々まで目が行き届き、
作品を自分のものにしていると感じられます。

応募する前に必ずプリントアウトし
赤いペンでチェックしながら
自分の目で一行一行追ってください。

多くの人がやってしまう誤字脱字、変換ミスを挙げてみます。

・慣用句の間違い
 正「的を射る」/誤「的を得る」
 正「舌鼓を打つ」/誤「舌を鳴らす」
 正「足をすくわれる」/誤「足元をすくわれる」

・「つ」か「す」か
 「少しずつ」「一人ずつ」「頷く(うなずく)」
 「芋づる式」

・固有名詞が途中で変わることがよくあります。
 「松本」「松元」

・意味が違ってしまう変換ミス
 「意外」と「以外」
 「初め」と「始め」
 「保健」と「保険」
 「製作」と「制作」
 「現す」と「表す」

・その他
 「看護師」は男女とも使えますが、「看護士」が男性を指します。
 「話(はなし)」は、名詞なら「話」。「話し」は一般的ではありません。


原稿用紙の書き方
車(セダン)書き方の注意
車(セダン)漢字とルビ
車(セダン)誤字脱字・変換ミス
車(セダン)
カタカナ表記

車(セダン)ひらがな・漢字表記統一


posted by かつき at 15:08| 原稿用紙の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

漢字とルビ

小説は学校に提出する作文ではないので
どんな漢字を使って、どんな読み方をしても
それは著者の自由です。

旧漢字を並べても、中国の簡体字を使っても、かまいません。
もちろん、そこには文芸上の意図と効果が
なければなりませんが。

大切なことは、読者に小説世界を伝えること。
そして正確な読み方を読者ができる書き方をすることです。

難しい漢字を並べ、自己満足に終わるのが
いちばんいけませんね。
小説は読者に「なにか」を伝える手段なのですから。

そのためにどんな漢字を使い、ルビはどのようにふれば親切で、
読みやすいか、考えてください。

ルビは、基本的に登場人物の名前や建築物などの固有名詞、
あるいは小説世界独特の雰囲気を出すための読み方をさせたり、
特殊な読み方の場合、章立ての初出現にふり、
あとはふりません。

章のなかに、節(せつ)があり、それが数十ページと長い場合、
一節ごとの初出現にふる、というルールでもいいです。

最近では、見開きが変わるたびにルビがふられている
歴史小説が出てきました。
あまりなじみのない登場人物を描くのなら
こういう配慮も必要なのでしょう。

ただし、全部の固有名詞にルビをふるのはNGです。
ルビは多くても煩わしいので、注意しましょう。

漢字についての注意点は、もう一つあります。
ワープロソフトを使うと簡単に漢字変換ができてしまいます。

そうすると、ふだんはひらがなで書く言葉も
漢字にしてしまったりします。

例えば、「出来る」「既に」「様(よう)に」「中々」「未だ」
「宜しく」「付いて」など。

ほんとうに漢字でいいのか、読みにくくないか、
書いている作品の雰囲気にあっているか、
考えながら漢字変換したほうがいいでしょう。


原稿用紙の書き方
車(セダン)書き方の注意
車(セダン)漢字とルビ
車(セダン)誤字脱字・変換ミス
車(セダン)
カタカナ表記

車(セダン)ひらがな・漢字表記統一


タグ:新人賞 出版
posted by かつき at 13:38| 原稿用紙の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書き方の注意

基本的な原稿用紙の書き方をマスターしましょう。
早く覚えてしまえば、書くときに迷わずにすみます。
また下読みや編集者、選考委員の好感も得られます。

書き方が間違っているからといって落とされることはありませんが
知らないとデビューしてから恥をかきます。

選評を依頼された作品にも多く見られた間違いを中心に
基本的な原稿用紙の書き方の注意を書きました。

  • 書き出し、改行は最初の一マスをあけます。

  • 句読点、符号は一マス使います。符号とは、感嘆符! 疑問符? カギ「」 カッコ() ヤマ型カッコ<>などのこと。

  • 句読点、カッコの受け ) ) > が行末にきたら、次の行頭に打たず、行外にはみ出る(ぶら下がりという)ように、打ちます。

  • 行頭にはくりかえし記号 々・ゝ は使えません。

  • 感嘆符! 疑問符? は行頭にきてもOK。

  • ただし、感嘆符! 疑問符? を使ったら、すぐ下にかぎの受け ) ) > 以外は、次の一マスはあけます。

  • 句読点の次の一マスはあけません。

  • ナカセン――と三点リーダ……は二マスがあてられます。エンタメでは、いくつもこの符号を重ねると、表現力の欠如を符号に頼っているとみなされます。頻度の高い場合も同じです。「・・・」とナカグロ(ナカテン・クロマルとも)を使用するのはダメ。

  • 意味のない空白は作らないようにしましょう。

  • 原稿用紙の意識がなく、すべての行末の二マス、三マスをあける人がいます。反対に行頭をすべて一マスあけたり。どちらも間違いです。

  • 数字は基本的に漢数字で表記します。二十年間、四十歳、六十八点、午前三時十分、百メートル、〇・七パーセント。年号は「一九九九年」と表記します。

  • セリフの始まりは基本的には一マス開けずに、行頭から 「 で始めます。

  • セリフの閉じカッコの前は、基本的には句点を打ちません。しかし純文学作品などで、句点を打つことにこだわりがあるのなら、かまいません。その場合、すべてのセリフにおいて打ちます。

  • セリフに入る前の文章が途中の場合、読点を必ず打ちます。

  • セリフを閉じて改行し、「と言った」など文章が続く場合は、行頭を一マス空けません。




原稿用紙の書き方
車(セダン)書き方の注意
車(セダン)漢字とルビ
車(セダン)誤字脱字・変換ミス
車(セダン)
カタカナ表記

車(セダン)ひらがな・漢字表記統一


posted by かつき at 13:36| 原稿用紙の書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする