書評 第39回小説推理新人賞奨励賞「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

第39回(2017年)小説推理新人賞奨励賞受賞作 「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」 木江 恭 中学の美術教師・赤沢洋司52歳が死亡しているのが見つかります。遺書とUSBメモリがそばに残されていて、警察は自殺との判断に傾いています。 それを追う若手女性刑事・優希は、偶然見つけた写真投稿のSNSで、赤沢が女子生徒の写真をアップしているのを知っています。しかし、それを捜査本部に報告でき…

続きを読む

書評 第33回太宰治賞「タンゴ・イン・ザ・ダーク」

第33回(2017年)太宰治賞受賞作 「タンゴ・イン・ザ・ダーク」 サクラ・ヒロ 知り合って5年。結婚して3年。妻の「K」は天ぷらを揚げていて、やけどをし、顔を夫に見られたくないために地下室にこもってしまう。市役所に勤める夫「僕」は「まあ、女心とはそういうものかもしれない」と自分を納得させます。 風変りな女だが頭は良く、プログラミングの腕も一流で、地下にこもりながらもスマホゲームの…

続きを読む

第9回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 『神の手廻しオルガン』

第9回(2017年)ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞 『神の手廻しオルガン』 須田狗一 ナチスドイツの「金髪の野獣」ラインハルト・ハイドリヒの暗殺、現代日本で起きた猟奇殺人、同じく現代のポーランドで起きた殺人事件。時間と空間を超えた舞台設定は島田荘司の名著を彷彿とさせ、「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」に応募した著者の選択のよさに感心しました。 もちろん選考委員の好みその…

続きを読む

書評 第24回松本清張賞 『明治乙女物語』

第24回(2017年)松本清張賞受賞作 『明治乙女物語』 滝沢志郎 高等師範学校女子部の夏は、すらりとした長身で美貌、成績も首位の咲にあこがれると同時に、平凡な自分にややうんざりしています。同室の後輩、みねは勉強よりも手芸にうちこみ、キンはいちばん若く、おちゃめ。 この4人の群像劇に、高等師範学校の女生徒が踊る夜、鹿鳴館に爆弾を仕掛ける予告が届くというサスペンスミステリーに仕立てま…

続きを読む

書評 第9回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作 『さようなら、お母さん』

第9回(2016年)ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞作 『さようなら、お母さん』 北里紗月 教育熱心な母の管理下で育った兄と、小学校受験に失敗した妹の玲央。玲央は母に徹底的に無視され、それに耐えかね、兄の援護もあり、大学入学を機に独り暮らしをしています。 その兄が、原因不明の、指先から広がる腫れと灼熱感、モルヒネも効かない痛みと苦しみの中、自殺します。献身的に看病を続け…

続きを読む

書評 第15回「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉 『愚者のスプーンは曲がる』

第15回(2016年度)「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉 『愚者のスプーンは曲がる』 桐山徹也 地方から大学進学とともに東京に出てきたばかりの町田瞬は、スーツの男と赤いハーフコートの女に殺されかけます。しかし、すんでのところで命拾いします。 なぜなら、彼は超能力者の能力とその代償を消す能力を持つ特技(?)を持っていたから。 この設定には笑えるとともに、なるほどよく考えた…

続きを読む

書評 第122回文學界新人賞 「影裏」

第122回(2017年)文學界新人賞受賞作 「影裏」 沼田真佑 久しぶりに文學界新人賞から大型新人作家が誕生しました。 東京から岩手に転勤してきた「わたしこと今野」は、釣りと酒という共通の趣味を持つ会社の同僚日浅と出会います。二人でつるみ、あちらこちらの川で魚を釣り、一升瓶を空ける日々を送っています。 ところが、何の前触れもなく、日浅が退職してしまい、今野は喪失感を抱えたまま…

続きを読む

書評 第60回群像新人文学賞優秀作「独舞」

第60回(2017年)群像新人文学賞優秀作 「独舞」 李 琴峰(り ことみ) 台湾出身で日本で働く趙紀恵は、レズビアン。本名は名乗らず、日本風に名前を変え、日本で居場所を作りつつも、過去にとらわれています。 初めてつきあった大切な小雪との恋愛を、自分のレイプ事件を発端としてダメにしてしまい、台湾での大学生活からも何も得ることがなく、日本に逃走します。 とにかく過剰な出来事…

続きを読む

書評 第8回朝日時代小説大賞最終候補作 『花天の力士』

第8回(2016年)朝日時代小説大賞最終候補作 『花天の力士(ちからびと) 天下分け目の相撲合戦』 天野行人 平安時代、藤原道長と藤原顕光はそれぞれ最強の相撲人による相撲節会に挑みます。顕光は異能の相撲人を用意し、それに対抗するために、道長は安倍清明と渡辺綱に大陸渡来人が住む秋篠の里に、相撲人を探しに行かせます。 奇しくも、顕光側の相撲人は当麻蹴速、道長側は野見宿彌それぞれの子孫。…

続きを読む

書評 第16回女による女のためのR-18文学賞友近賞「月と林檎」

第16回(2017年)女による女のためのR-18文学賞友近賞受賞作 「月と林檎」 伊藤万記 肩の故障で野球ができなくなった女子高校生の早希は、美術の課題で残され、講師の塔田と距離が近くなります。 静かな筆致で描かれる女子高校生と教師の物語ですが、怪しい雰囲気 になりそうなところで留めています。それがこの小説を独自のものにしています。 塔田にしても結局は、才能がありながら画家…

続きを読む

コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞