文章の上達法

文章読本はたくさん出ていますが、そのなかでも小説に特化しているものを集めました。小説指南書のなかにも文章力を上げる方法が書かれていますので、いろいろ読みながら自分の方法を見つけてください。


杏里、平原綾香などのヒット曲を手掛ける作詞家による文章術。
作詞以前の言葉、文章、物語、ひらめき、感性、美意識などを
日々育てるメソッドや自由連想法、妄想プロファイリング、
エピソード・ノートなどの具体的な言葉や感性の育て方も
充実しています。その際に自分の心を客観的に見ること、
直観と深堀り、検証と、また別の視点を意識します。
これは小説を書く上でも大切な要素です。
「言葉は自分の分身」と吉元氏は言います。
感動する物語を紡ぎたい人に。



「文章の上達法」としては異色の本になります。
作家の乙一が、集英社のWEB文芸RENZABURO上に
投稿された小説をリメイクした6編の小説集。
ネット上に元の小説もアップされていますので
読み比べると、「小説」と「作文」の違いがよくわかるでしょう。
「一度落選した作品」でも書きましたが
「小説を書き直す」というのはこれくらいの改稿が必要です。
この企画はそんなに長くは続かないと思われるので、
勉強できるチャンスは今だけです。



芥川賞作家であり、数々の文学賞の選考委員を務め
大学文学部客員教授でもある著者。
大学の講義内容を元に、文章の味わい方、書き方を指南します。
テキストは小学校低学年の作文や戦前の天才少年の詩、
童話、世界の文学、哲学書、博物誌と多種多様。
そこから「素直に書くこと」「アイデア」「ひねり」
「論理」「ユーモア」「観察」「深く書く」などを学びます。
文章を味わうには読書量が必要で、書くには考察が必要。
最後に創作必携として6つのポイントを上げています。
そのなかの「書いて、指摘を受け、
そのたびごとに傷つくのはやめよう」が心に残ります。
文章を書けば、永遠に指摘を受け続けるといいます。
「文章ってこんなにおもしろくなるんだ」とワクワクする文章指南書です。



文芸評論家の福田和也による文章指南書。
「読む力」「書く力」「調べる力」の3章から成りますが
いちばん力を入れているのが「読む力」。
小説を書く上で読書は欠かせませんが、
なにを読み取り、それをどう表現しているのか、
そして書き手として小説にどう活かすことができるかまで
教示しています。文章力のつくヒントに溢れていますし、
本を読んでもよくわからない人には必読書です。
テキストに村上春樹、江国香織など現代小説から
松本清張、夏目漱石、正岡子規など。



明治学院大学国際学部の言語表現法の講義録を再編集。
13講義(実際には11)で、自己紹介、ラブレター、
憲法、演説などを学生に書かせ、
「文章とは」「ことばとは」という素朴な疑問を
プリミティブな探究によって明らかにしています。
高橋源一郎が用意するテキストもすばらしいし、
学生たちの文章も煌めくものを感じます。
特に高橋源一郎に起こったハプニングで
「ことば」の本質に迫っていきます。
相手に届ける文章、書き手の世界、自分以外の誰かになる、
詩の作者になるといった、新しい試みに満ちた文章教室です。



朝日新聞「天声人語」を13年間担当した著者が
文章の書き方の基本、実際に書く、推敲する、
文章修業をするなど、項目別に細かく、しかし的確に書いています。
谷崎潤一郎から村上春樹、姫野カオルコ、よしもとばなな、など
現代作家の文章作成方法について触れています。
特に推敲方法は詳しく、文章修業のために日頃から実践することは
参考になり、また実行しやすいでしょう。





Q&Aなので、体系に分かれていません。
文章全般に関する指南書といえます。とてもわかりやすい。
小説の書き方や新人賞の応募についても詳しいので
小説家を目指すなら絶対に読んで欲しい。
村松さんの文章に対する真摯な熱情が伝わってきて
創作へとかき立てられるでしょう。



隠喩、暗喩、直喩、擬人法、共感覚法、
くびき法、換喩、提喩、誇張法、曲言法など
30種類のレトリックについて解説。
例にとられている小説なども名文ばかりで
しかもレトリックによって、名文となっているのがよくわかります。
そのため、レトリックがよりわかりやすくなっています。
味わいのある文章を書く、
レトリックを文章に活かす、など
文章表現の幅を広げるために読みたい。

作家になるための参考書
車(セダン)小説指南書 ★★★★★
車(セダン)小説指南書 ★★★★
車(セダン)文学の参考書
車(セダン)長編小説の参考書
車(セダン)短編小説の参考書
車(セダン)ミステリーの参考書
車(セダン)SFの参考書
車(セダン)ホラー小説の参考書
車(セダン)時代小説の参考書
車(セダン)文章の上達法
車(セダン)小説の小技
車(セダン)お助け辞典
車(セダン)新人賞応募の参考書
車(セダン)読書案内


コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞