私がデビューしたころ 田中啓文「脇道」

子供の頃から漠然と将来は小説家になりたいと考えていた田中啓文。
脇道にずれた人生を「ミステリーズ!」vol.17で語っています。
でもその脇道が結局、小説家に導いたと言います。

 こうして、私の「小説家」への努力がはじまったのである。ほら、会社という脇道にそれたことがここに結実したじゃありませんか。それまで、なんとなーく「いつか小説家になれたらいいな」的なのんびりした気持ちで小説を書いていた私は、こうして「何が何でも会社を辞めなくてはならぬ」的な切迫した状況に追いこまれてしまったのである。転職して、よその会社にいったとしても、会社員であることにかわりはない。あのですね、どこの会社に行ったとしても、それがどーんなに良い会社であったとしても、「会社は会社」。よく知らない会社で一から仕事を覚えるよりは、この会社でなんとか日々の仕事をこなしながら小説を書き、自由業になる……これしかないと思いつめた私はその日からひたすら小説に精進した……わけではないのである。なぜ、そうしなかったかというと、冒頭にも書いたとおり、作家というのは「めちゃくちゃ才能があって、めちゃくちゃラッキーな、ごく一部の選ばれたひとがなる」ものだと思っていたから、「なんやかんや言うたかて、そんなもんなれるわけおまへんがな。だいたい俺の小説なんか、誰もわかってくれへんわ」という気持ちだったのである。


ところがジャズにのめりこんで、バンドを結成し、批評を書き、
それを『スウィング・ジャーナル』のジャズ評論に送ったところ、入賞。
田中啓文は
「嗚呼、私はまちがっていた。私の書いたものをちゃんと読解して、評価してくれるひとがここにいる。ジャズ評論でもそうなのだから、小説でもきっとそういうひとがいるはずだ」
と小説を猛然と書き始めます。
奥様も奨励してくれました。
以後、夜中に白ワインで眠気を覚ましながら書く、という日々が続きます。

 そしてある土曜日の昼すぎ、出かけるついでにマンションの一階にある郵便受けをのぞいてみた私は、そこに「貴方の『落下する緑』が『鮎川哲也の本格推理』に入選しました」というハガキを見つけたのである。
(やっと……デビューできた……)
 これで、朝まで白ワインの生活ともおさらばである。一瞬、喜びが全身を駆けめぐったが、待て待て、と冷静なもうひとりの私が、有頂天になっている私をいさめた。デビューといっても、鮎川さんの名前を冠したアンソロジーに短編が収録されただけだ。自分の名前で本が出せるには、あと一年以上、いや、二年、もしかしたら十年ぐらいかかるかもしれん……そう自分をいましめたのである(偉いねえ)。(後略)


そして本格デビューまでには、さらに年月がかかりました。

(前略)ヤングアダルト作家と会社員の二足のわらじという過酷な生活から脱却するのに、それからあれほどの歳月を要するとは夢にも思わなかった。私の「えらい目」は実はここからはじまったのであるが、その話はまた後日。


本「ミステリーズ!」vol.17 2006年JUNより引用

【田中啓文 プロフィール】
1962年大阪生まれ。
1991年「私の考えるジャズの未来」でスイングジャーナル誌主催のジャズ論文入賞。
同年「落花する緑」で「鮎川哲也の本格推理」入選。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92517265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞