第9回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 『神の手廻しオルガン』

第9回(2017年)ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞
『神の手廻しオルガン』 須田狗一

ナチスドイツの「金髪の野獣」ラインハルト・ハイドリヒの暗殺、現代日本で起きた猟奇殺人、同じく現代のポーランドで起きた殺人事件。時間と空間を超えた舞台設定は島田荘司の名著を彷彿とさせ、「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」に応募した著者の選択のよさに感心しました。

もちろん選考委員の好みそのものだからといってそれが受賞に結びつくかどうかは、内容次第です。

本書は骨太なプロットに、一般市民のリアルな心情や性格がしっかりと書き込まれ、物語の底辺に流れる人間性への懐疑と信頼を感じます。

アムステルダムで知り合った親日ポーランド人の娘アンカと、小説家を目指す専業主夫とその妻との出会いとその後の交流は、あたたかく微笑ましい。若さゆえに周囲が見えなくなるアンカにやきもきする中年男性の姿が目に浮かびます。

一転、ナチスの強制収容所で書かれた、アンカの祖父の日記が綴られ、その悲惨な日々が浮かび上がります。

縦横無尽ながらも地に足の着いた話の流れに、どんどん引き込まれていきます。すべてが結びついていく謎解きでは、一気呵成に読まずにはいられません。

ただ前半、文章運びが平板で、祖父の日記にたどりつくまでに読者が飽きてしまう可能性があります。本格ミステリと文学を読みなれた読者ではないとついていけないかもしれません。

より軽い筆致、読者を惹きつける題材やテーマ、骨太に読ませる人間性が表れると、この著者は大化けするかもしれません。


『神の手廻しオルガン』

須田 狗一  光文社

by ヨメレバ


コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線バディ小説大賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞