2017年03月16日

書評 第29回小説すばる新人賞『星に願いを、そして手を。』

第29回(2016年)小説すばる新人賞受賞作
『星に願いを、そして手を。』 青羽 悠

あまーいタイトルから不安はありましたが、内容もあまいもので、どうしてこの作品が受賞したのかわかりません。

中学時代の同級生祐人、春樹、理奈、薫の4人は、25歳で再会をします。毎日一緒に過ごしていた仲良しでも、この頃になるとほとんど連絡を取らず、祐人が地元の役所に就職したにも関わらず、会っていません。

町の科学館の館長が亡くなり、そのために4人は再び科学館に集まります。科学館は、その頃、4人のたまり場でした。

夢を叶えた者、諦めた者、つかみかけた者など、中高時代の願いの結果が出ている年齢で再び「夢」をテーマに人生が動き出す――。

観念が先走っており、読んでいて心に迫るものがありません。

ミステリー仕立てなのですが、それもあっけなく、結局何のためのミステリーだったのか不明でした。

人物造形もあまく、人物の書き分けもできていません。セリフは誰もが同じようなトーンでしゃべり、唯一、元気のいい薫だけがわかる程度です。

理奈にバイク、ビールというガジェットがどのような効果を与えているのでしょうか。

秀才だった春樹が家業の電気店を継いでいることはどのような想いでいるのでしょう全く処理されていません。

繊細なようでいて、杜撰です。

ただ高校生の直哉と河村はいい雰囲気を出していました。著者は執筆当時16歳ということですが、やはり年齢相応のものがいいのではないでしょうか。

選評を読んでも、誰も推していないのに受賞してしまいました。「16歳」に選考が引っ張られたとしたら、信頼していた小説すばる新人賞だけに残念です。



楽天Koboの詳細ページ iTuneの詳細ページ


posted by かつき at 17:00| 新人賞受賞作書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする