2017年02月11日

書評 第11回小説現代長編新人賞 『お師匠さま、整いました!』

第11回(2016年)小説現代長編新人賞受賞作
『お師匠さま、整いました!』 泉 ゆたか

出版されるにあたり、大幅改稿されたらしく、選評と違っているところが見られます。

年の離れた算術家の夫に先立たれた24歳の桃を語り手に、桃の寺子屋の二人の生徒――両親を災害で亡くした15歳の春、良家の才ある子女・鈴――を描きます。

和算を扱いうのですが、師匠の桃が苦手で、春と鈴が才能をめきめきと伸ばすという趣向によって、葛藤や衝突、人間のあざとさが浮かび上がってきます。小説の中で繰り返し説明し過ぎるところもある一方、なぜ学問に情熱を持てない桃が寺子屋の師匠の座を守るのかはあまり触れられません。この辺りを深く描くと、もっとおもしろくなったでしょう。

また桃が濁流にのまれた春を救うのは、ムリがあり過ぎますし、その後、なぜ平助に嫁ぐのかがわかりません。

ただ三人の女性のキャラクターと生き方、関係性を描き出そうとするのは成功しています。特に春に対して終始温かく描き、魅力的なキャラクターに仕上がっています。

文章もすらすらと読みやすく、わかりやすい。落雁や西瓜のエピソードなどは女性作家らしい細やかさで、印象に残りました。



posted by かつき at 12:00| 新人賞受賞作書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする