読書案内

小説家になるためには読書量が必要です。どんな本を読んだらいいかというご質問をよくいただくので、読書案内本、サイトをご紹介します。

どのように読んだらいいかの解説、それを活かしてどのように書くかなども併記されている本もあります。


付録に「小説家になるためのブックガイド」。純文学系。読み方や解体の仕方も伝授。


Amazon オールタイムベスト100
13年間の販売数、カスタマーレビューの評価などから集計された国内文学、海外文学、サスペンス・ミステリー、歴史・時代小説、エッセー・随筆、のオールタイムベスト小説100。



書評雑誌「本の雑誌」連載中の「作家の10冊」から50人の作家を選抜した本。その作家を愛読する書評家、書店員、俳人、作家などによる「おすすめの10冊」が挙げられている。素晴らしいチョイスもあれば、偏っているものもあるが、選考委員の本を読んだりする場合に役立つ1冊。
収録作家は、綾辻行人・鮎川哲也・有川浩・泡坂妻夫・伊坂幸太郎・五木寛之・江國香織・逢坂剛・大江健三郎・大沢在昌・小川洋子・恩田陸・開高健・角田光代・片岡義男・金井美恵子・唐十郎・川上弘美・北原亞以子・北森鴻・倉阪鬼一郎・小松左京・今野敏・佐々木譲・佐藤雅美・重松清・篠田節子・島田荘司・志水辰夫・高橋源一郎・中上健次・梨木香歩・西村京太郎・西村寿行・貫井徳郎・橋本治・馳星周・東野圭吾・姫野カオルコ・古井由吉・星新一・松本清張・宮部みゆき・宮本輝・村上春樹・山田詠美・結城昌治・夢枕獏・連城三紀彦・渡辺淳一



北上次郎、霜月蒼氏、関口苑生氏、古山裕樹氏、吉野仁氏によって編まれた、架空の「冒険スパイ小説全集」全20巻と、推薦作を含めた100冊を紹介。国内小説家によるエッセイ「わたしを作った冒険・スパイ小説」は創作のヒントになるでしょう。「冒険・スパイ小説を拓いてきた作家たち」はこのジャンルの歴史を知ることができます。



読者からの「どんな本を読んでいるのですか?」という質問に答えたブックリストと、01~09年までキングの読んだベスト80冊リスト。



ミステリー評論家の千街晶之氏による2014年時点での国内ミステリーベスト100。あらすじ、鑑賞術、さらに興味を持った読者への読書の広がりまで紹介。第2部ではベスト100からもれてしまった戦前から現代までのミステリーとミステリー作家を紹介。こちらの名作も読んでおきたい。



書評家の杉江松恋氏による2013年時点で手に入るミステリーベスト100。あらすじ、鑑賞術、さらに興味を持った読者への読書の広がりまで紹介しています。第2部では古典ミステリーや古書店を廻ってでも読みたいミステリーを紹介。



書評家の大矢博子氏による女性読者を対象とした、2015年時点での小説ベスト100。コージー・ミステリーをはじめ、少女小説や純文学なども入っています。あらすじ、鑑賞術、さらに興味をもった読者への読書の広がりまで紹介。第2部では女性探偵の歴史をたどっています。



国内ベスト102の「あらすじ」と「うんちく」。103位からの101タイトル。海外ベスト100の「あらすじ」と「うんちく」。101位からの107タイトル。



海外ミステリーを、キャラ立ちミステリ、クラシック・ミステリ、ヒーローorアンチ・ヒーロー・ミステリ、<楽しい殺人>のミステリ、相棒物ミステリ、北欧ミステリ、英米圏以外のミステリ、エンタメ・ミステリ、イヤミス好きに薦めるミステリ、新世代ミステリという10のカテゴリー別で紹介しています。また、海外ミステリ作家論では、ジェフリー・ディーヴァー、デニス・ルヘイン、トマス・ハリス、マイクル・コナリー、アガサ・クリスティー、P・D・ジェイムズを評論家が解説しています。



ハヤカワ文庫SFを中心に、オールタイムベストSF海外長編部門29作品、海外短編部門30作品、必読作家・必読書100選を選出。人気SF作家のエッセイ「マイ・スタンダードSF」はSFガイドになっており、年代別SF史でSFの歴史が学べます。またハヤカワ文庫SF全作品データもあり、よりマニアックな使い方もできます。


『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』

細谷 正充  河出書房新社

by ヨメレバ

文芸評論家の細谷正充氏による時代小説案内。古典的名作だけではなく、最近デビューした若手の時代小説作家の作品もとりあげていて、今、どんな作品が受けているのかも知ることができます。最初の企画でのタイトルは「ネタバレ御免! ぶっ飛び時代小説ガイドブック」だったため、少々ネタバレではありますが、内容を説明するためのネタバレです。またそのためにおもしろさが損なわれることはありません。



文芸評論家の末國善己氏による2015年時点で手に入る時代小説ベスト100.あらすじ、鑑賞術、さらに興味を持った読者への読書の広がりまで紹介しています。第2部では古典的名作から現代作家までを網羅し、時代小説の歴史がわかります。

作家になるための参考書
車(セダン)小説指南書 ★★★★★
車(セダン)小説指南書 ★★★★
車(セダン)文学の参考書
車(セダン)長編小説の参考書
車(セダン)短編小説の参考書
車(セダン)ミステリーの参考書
車(セダン)SFの参考書
車(セダン)ホラー小説の参考書
車(セダン)時代小説の参考書
車(セダン)文章の上達法
車(セダン)小説の小技
車(セダン)お助け辞典
車(セダン)新人賞応募の参考書
車(セダン)読書案内

コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞