文學界新人賞 歴代受賞作一覧

第122回 2017年
「影裏(えいり)」 沼田真佑


第121回 2016年
「市街戦」 砂川文次 enpitsugreen.gif 書評
「人生のアルバム」 渡辺勝也 enpitsugreen.gif 書評


第120回 2015年
「サバイブ」 加藤秀行 enpitsugreen.gif 書評
  📖 『シェア』所収
「ヴェジトピア」 杉本裕孝 enpitsugreen.gif 書評


第119回 2014年
「トレイス」 板垣真任(まさと) enpitsugreen.gif 書評
佳作 「夜の斧」 小笠原 瀧 enpitsugreen.gif 書評
佳作 「ミックスルーム」 森井 良 enpitsugreen.gif 書評


第118回 2014年
「熊の結婚」 上戸 元 enpitsugreen.gif 書評


第117回 2013年
「アフリカ鯰」 前田隆壱 enpitsugreen.gif 書評
「息子の逸楽」 守島邦明 enpitsugreen.gif 書評
吉田修一奨励賞 「走る夜」 野上 健 enpitsugreen.gif 書評


第116回 2013年
該当作なし


第115回 2012年
「隙間」 守山 忍(かみやま しのぶ) enpitsugreen.gif 書評
「最後のうるう年」 二瓶哲也 enpitsugreen.gif 書評


第114回 2012年
「こどもの指につつかれる」 小祝百々子 enpitsugreen.gif 書評


第113回 2011年
「髪魚」 鈴木善徳 enpitsugreen.gif 書評
「きんのじ」 馳平啓樹 enpitsugreen.gif 書評


第112回 2011年
「甘露」 水原 涼 enpitsugreen.gif 書評
『癌だましい』 山内令南(やまうち れいなん) enpitsugreen.gif 書評


第111回 2010年
「ゴルディータは食べて、寝て、働くだけ」 吉井磨弥 enpitsugreen.gif 書評


第110回 2010年
「乾燥腕」 鶴川建を鶴川健吉に改名 enpitsugreen.gif書評
  『すなまわり』所収
『自由高さH』 穂田川洋山 enpitsugreen.gif書評


第109回 2009年
「ディヴィジョン」 奥田真理子 enpitsugreen.gif書評
花村萬月・松浦理英子特別賞 「狭い庭」 合原壮一朗 enpitsugreen.gif書評


第108回 2009年
『白い紙』 シリン・ネザマフィ enpitsugreen.gif書評


第107回 2008年
「射手座」 上村渉(かみむら わたる) enpitsugreen.gif書評
「廃車」 松波太郎 enpitsugreen.gif書評 『よもぎ学園高等学校蹴球部』に収録


第106回 2008年
「逃げ道」 北野道夫 enpitsugreen.gif書評


第105回 2007年
『ワンちゃん』 楊逸(ヤン・イー) enpitsugreen.gif書評
島田雅彦奨励賞 「東京キノコ」 早川阿栗 enpitsugreen.gif書評
辻原登奨励賞 「椅子」 牧田真有子 enpitsugreen.gif書評
「文学界」2007年12月号に掲載


第104回 2007年
『オブ・ザ・ベースボール』 円城塔 enpitsugreen.gif書評
『舞い落ちる村』 谷崎由依 enpitsugreen.gif書評
「文学界」2007年6月号に掲載


第103回 2006年
「裏庭の穴」 田山朔美 enpitsugreen.gif書評 『霊降ろし』に収録
『いやしい鳥』 藤野可織 enpitsugreen.gif書評
「文學界」 2006年 12月号に掲載


第102回 2006年 「風化する女」 木村紅美 enpitsugreen.gif書評
島田雅彦奨励賞「バードメン」 澁谷ヨシユキ enpitsugreen.gif書評


第101回 2005年 
「さりぎわの歩き方」 中山智幸 enpitsugreen.gif書評


第100回 2005年 該当作なし


第99回 2004年 「初子さん」 赤染晶子 『うつつ・うつら』に収録


第98回 2004年 「介護入門」 モブ・ノリオ enpitsugreen.gif書評


第97回 2003年 「ハンゴンタン」 由真直人


第96回 2003年 「イッツ・オンリー・トーク」 絲山秋子 enpitsugreen.gif書評


第95回 2002年 該当作なし


第94回 2002年 「わたしの好きなハンバーガー」 北岡耕二
「飴玉が三つ」 蒔岡雪子


第93回 2001年 該当作なし


第92回 2001年 「サイドカーに犬」 長嶋有
「クチュクチュバーン」 吉村萬壱


第91回 2000年 「看板屋の恋」 都築隆広


第90回 2000年 該当作なし


第89回 1999年 該当作なし


第88回 1999年 「DAY LABOUR」 松崎美保
「LA心中」 羽根田康美


第87回 1999年 該当作なし


第86回 1998年 「脳病院へまゐります。」 若合春侑


第85回 1997年 「くろい、こうえんの」 橘川有弥


第84回 1997年 「最後の息子」 吉田修一


第83回 1996年 「ギルド」 大村麻梨子
「物語が殺されたあとで」 最上陽介


第82回 1996年 該当作なし


第81回 1995年「目印はコンビニエンス」 塩崎豪士
「デッドエンド・スカイ」 清野栄一


第80回 1995年「ジェロニモの十字架」 青来有一


第79回 1994年 「マイナス因子」 木崎巴


第78回 1994年 「ファースト・ブルース」 松尾光治


第77回 1993年 「壊音 KAI-ON」  篠原一
「冗談関係のメモリアル」 中村邦生


第76回 1993年 「無人車」 高林杳子


第75回 1992年 「ちょっとムカつくけれど、居心地のいい場所」 伏本和代


第74回 1992年 「樹木内侵入臨床士」 安斎あざみ
「春の手品師」 大島真寿美 enpitsugreen.gif書評 『ふじこさん』収録


第73回 1991年 「名前のない表札」 市村薫


第72回 1991年 「海を渡る植物群」 みどりゆうこ


第71回 1990年 「狂いバチ、迷いバチ」 竹野昌代


第70回 1990年 「渇水」 河林満


第69回 1989年 「流離譚」 中村隆資
「ネコババのいる町で」 滝沢美恵子


第68回 1989年 「ソウル・トリップ」 山里禎子


第67回 1988年 「僕であるための旅」 梶井俊介
「夏の果て」 山口隆義


第66回 1988年 「四日間」 坂谷照美
「風の河」 小浜清志


第65回 1987年 「遠方より」 谷口哲秋


第64回 1987年 「川べりの道」 鷺沢萠
「東明の浜」 尾崎昌躬


第63回 1986年 「気配」 片山恭一
「野薔薇の道」 松本富生


第62回 1986年 「比叡を仰ぐ」 藤本恵子


第61回 1985年 「朝鮮人街道」 早野貢司
「夏の賑わい」 中島俊輔


第60回 1985年 「明希子」 武部悦子
「遠来の客」 米谷ふみ子


第59回 1984年 「水位」 悠喜あづさ
「月姫降臨」 佑木美紀


第58回 1984年 「端黒豹紋」 海辺鷹彦
「錨のない部屋」 阿南泰


第57回 1983年 「住宅」 赤羽建美


第56回 1983年 「犬のように死にましょう」 高橋一起


第55回 1982年 「浮上」 田野武裕
「雷電石縁起」 山川一作


第54回 1982年 「あなしの吹く頃」 田中健三


第53回 1981年 「破水」 南木佳士


第52回 1981年 「風のけはい」 峰原緑子


第51回 1980年 「裸足」 木崎さと子


第50回 1980年 「狸」 村上節


第49回 1979年 該当作なし


第48回 1979年 「年頃」 古荘正朗


第47回 1978年 「葬儀の日」 松浦理英子


第46回 1978年 「信号機の向こうへ」 岩猿孝広
「流れない川」 石原悟


第45回 1977年 「長い午後」 井川正史
「ステンドグラスの中の風景」 三輪滋


第44回 1977年 該当作なし


第43回1976年 該当作なし


第42回 1976年 該当作なし


第41回 1975年 「子育てごっこ」 三好京三


第40回 1975年 該当作なし


第39回 1974年 「雪のない冬」 春山希義


第38回 1974年 該当作なし


第37回 1973年 「ぽぷらと軍神」 高橋揆一郎
「ネクタイの世界」 吉田健至


第36回 1973年 「蛇いちごの周囲」 青木八束


第35回 1972年 「塗りこめられた時間」 広松彰
「五月に」 黎まやこ


第34回 1972年 該当作なし


第33回 1971年 「オキナワの少年」 東峰夫
「昨夜は鮮か」 大久保操


第32回 1971年 「探照燈」 河野修一郎
「鎮魂歌」 長谷川素行


第31回 1970年 「僕たちの祭り」 樋口至宏
「鯉の病院」 田中泰高


第30回 1970年 「使徒」 前田隆之介


第29回 1969年 「幼き者は驢馬に乗って」 森内俊雄


第28回 1969年 「雪洞にて」 内海隆一郎


第27回 1968年 「神の女」 加藤富夫


第26回 1968年 「緋魚」 犬飼和雄
「拘禁」 斎藤昌三


第25回 1967年 該当作なし


第24回 1967年 「雨舌」 桑原幹夫


第23回 1966年 「夏の流れ」丸山健二
「石のニンフ達」 宮原昭夫


第22回 1966年 「胎」 野島勝彦


第21回 1965年 該当作なし


第20回 1965年 「蝶の季節」 高橋光子


第19回 1964年 該当作なし


第18回 1964年 「青の儀式」 長谷川敬
「那覇の木馬」 五代夏夫


第17回 1963年 該当作なし


第16回 1963年 該当作なし


第15回 1962年 「子供部屋」 阿部昭


第14回 1962年 該当作なし


第13回 1961年 該当作なし


第12回 1961年 該当作なし


第11回 1960年 「バックミラーの空漠」 福田道夫


第10回 1960年 該当作なし


第9回 1959年 「壁」 岡松和夫


第8回 1959年 「基隆港」 石川信乃

 
第7回 1958年 「あざやかなひとびと」 深田祐介


第6回 1958年 「墓場の野師」 仁田義男


第5回 1957年 「ある遺書」 沼田茂


第4回 1957年 「輸出」 城山三郎


第3回 1957年 「不法所持」 菊村到


第2回 1956年 「彩色」 堀内伸


第1回 1955年 「太陽の季節」 石原慎太郎
 


コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞