文藝賞 歴代受賞作一覧

第53回 2016年
『青が破れる』 町屋良平 enpitsugreen.gif 書評


第52回 2015年
『ドール』 山下紘加(やました ひろか) enpitsugreen.gif 書評
『地の底の記憶』 畠山丑雄(はたけやま うしお) enpitsugreen.gif 書評


第51回 2014年
『死にたくなったら電話して』 李 龍徳(イ・ヨンドク) enpitsugreen.gif 書評
『アルタッドに捧ぐ』 金子 薫 enpitsugreen.gif 書評


第50回 2013年
『世界泥棒』 桜井晴也 enpitsugreen.gif 書評


第49回 2012年
『おしかくさま』 谷川直子 enpitsugreen.gif 書評


第48回 2011年
『クリスタル・ヴァリーに降りそそぐ灰』 今村友紀 enpitsugreen.gif 書評


第47回 2010年
該当作なし


第46回 2009年
『犬はいつも足元にいて』 大森兄弟 enpitsugreen.gif書評
「Re:(リ)」を『ボーダー&レス』に改題 藤代泉 enpitsugreen.gif書評


第45回 2008年
『けちゃっぷ』 喜多ふあり enpitsugreen.gif書評
『おひるのたびにさようなら』 安戸悠太 enpitsugreen.gif書評


第44回 2007年
「肝心の子供」 磯崎憲一郎 enpitsugreen.gif 書評  📖 『肝心の子供/眼と太陽 』収録
「青色讃歌」 丹下健太 enpitsugreen.gif書評


第43回 2006年
「公園」 荻世いをら enpitsugreen.gif書評
「ヘンリエッタ」 中山咲 enpitsugreen.gif書評
いずれも「文藝」 2006年 11月号に掲載


第42回 2005年 「窓の灯」 青山七恵
『平成マシンガンズ』 三並 夏 enpitsugreen.gif書評


第41回 2004年 「野ブタ。をプロデュース」 白岩玄
『人のセックスを笑うな』 山崎ナオコーラ


第40回 2003年 「黒冷水」 羽田圭介
「オアシス」 生田紗代
「魔女の息子」 伏見憲明


第39回 2002年 「リレキショ」 中村航
「キッズ アー オールライト」 岡田智彦


第38回 2001年 「インストール」 綿矢りさ


第37回 2000年 メイド イン ジャパン 黒田晶
優秀作 「肉触」 佐藤智加


第36回 1999年 「タイニィ・タイニィ」 濱田順子


第35回 1998年 「二匹」「二匹」 鹿島田真希


第34回 1997年 「ラジオデイズ」 鈴木清剛
「最後の吐息」 星野智幸


第33回 1996年 「フレア」(優秀作) 大鋸一正
「ボディ・レンタル」(優秀作) 佐藤亜有子


第32回 1995年 「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」 伊藤たかみ
「ノックする人びと」 池内広明
「メソッド」 金真須美


第31回 1994年 「首飾り」 雨森零


第30回 1993年 該当作なし


第29回 1992年 「音符」 三浦恵


第28回 1991年 「Rose」 川本俊二
「撃壌歌」 吉野光


第27回 1990年 「青春デンデケデケデケ」 芦原すなお


第26回 1989年 「YES・YES・YES」 比留間久夫


第25回 1988年 「少年アリス」 長野まゆみ
「汝ふたたび故郷へ帰れず」 飯嶋和一


第24回 1987年 「四万十川1 あつよしの夏」 笹山久三
「マネーゲーム」(佳作) 久間十義


第23回 1986年 「零れた言葉」 岡本澄子


第22回 1985年 「ベッドタイムアイズ」 山田詠美


第21回 1984年 「She's rain」 平中悠一
「ミッドナイト・ホモサピエンス」 渥美饒兒


第20回 1983年 「海に夜を重ねて」 若一光司
「応為坦坦録」 山本昌代


第19回 1982年 「日曜日には愛の胡瓜を」柳川春町

 
第18回 1981年 「1980アイコ十六才」 堀田あけみ
「百色メガネ」 ふくださち
「みのむし」 山本三鈴


第17回 1980年 「囚人のうた」 青山健司
「なんとなく、クリスタル」 田中康夫
「ストレイ・シープ」 中平マミ


第16回 1979年 「ある女のクリンプス」  冥王まさ子
「南風」 宮内勝典


第15回 1978年 「鳥たちの闇のみち」 黒田宏治郎


第14回 1977年 「おれたちの熱い季節」 星野光徳
「狂いだすのは三月」 松崎陽平


第13回 1976年 「北帰行」 外岡秀俊


第12回 1975年 「世の中や」 阿嘉誠一郎


第11回 1974年 「鬼のいる杜で」 小沢冬雄


第10回 1973年 該当作なし


第9回 1972年 「危うい歳月」 尾高修也


第8回 1971年 「家のなか・なかの家」 本田元弥
「刻を曳く」 後藤みな子


第7回 1970年 「目的補語」 黒羽英二
「クリスマスの旅」 小野木朝子


第6回 1969年 該当作なし


第5回 1967年 該当作なし


第4回 1966年 「凍える口」 金鶴泳


第3回 1964年 該当作なし


第2回 1963年 「鮫」 真継伸彦


第1回 1962年 「悲の器」 高橋和巳
「嬰へ短調」 田畑麦彦
「海辺の物語」 西田喜代志



コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線SFの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞