2006年09月01日

すばる文学賞

第41回すばる文学賞

【雑誌】
「すばる」

【主催】
集英社

【応募内容】
応募原稿は、未発表小説に限ります。(同人雑誌などに既に発表したもの、及び当文学賞の発表より前に発表予定があるものについては選考の対象外となります)

【規定枚数】
400字詰原稿用紙100〜300枚まで

【原稿指定】
ワープロ原稿は、一行30字×40行を目安にA4判のマス目のない紙に縦に印字し、400字換算枚数を明記。
必ず通し番号(ページ数)を入れて、右肩を綴じる。
一枚目にはすばる文学賞のサイトにあるテンプレートをダウンロードして使用。
(タイトル、氏名および筆名、住所、電話番号、年齢、職業と簡単な経歴と400字換算枚数を明記した用紙でも可)

【賞】
正賞 記念品
副賞 100万円

【締切】
2017年3月31日(当日消印有効)

【発表】
「すばる」2017年11月号掲載予定

【選考委員】
江國香織・奥泉光・角田光代・高橋源一郎・堀江敏幸

【選評掲載誌】
第40回 「すばる」 2016年11月号
第39回 「すばる」 2015年11月号
第38回 「すばる」 2014年11月号
第37回 「すばる」 2013年11月号
第36回 「すばる」 2012年11月号
第35回 「すばる」 2011年11月号
第34回 「すばる」 2010年11月号
第33回「すばる」2009年11月号
第32回 「すばる」2008年11月号
第31回 「すばる」2007年11月号
第30回 「すばる」 2006年 11月号
第29回 「すばる」2005年11月号
第28回 「すばる」2004年 11月号

【サイト】
すばる文学賞応募要項

【受賞作】
すばる文学賞歴代受賞作一覧

【受賞の傾向と対策】
新人文学賞のなかではエンターテイメント要素の強い賞です。
さらに言えば、エンタメ寄りの文学作品が好まれます。
その分、斬新な設定、ストーリーテリング力などが
文学性とともに必要です。

混乱して複雑化した現代を生きる若者を描く小説が
選ばれる傾向にあります。

毎年、実力のある作家が育ち
コンスタントに文芸誌に小説を発表しています。
受賞後も編集者が熱心に指導してくれる賞です。
純文学を読む人にしか知られていないのが、残念なくらいです。

芥川賞受賞などの派手さはありませんが
作家として長く活躍できる新人賞です。

posted by かつき at 13:59| 新人賞情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする