2006年08月21日

日本ホラー小説大賞

第25回日本ホラー小説大賞

【主催】
角川書店

【募集内容】
広義のホラー小説
自作未発表作品に限る
年齢・プロアマ不問

【規定枚数】
データ原稿 40字×40行 38枚以上163枚以内
400字詰め原稿用紙 150枚以上650枚以内

【原稿の指定】
郵送とサイトからのデータ応募が選べます。

原稿のはじめに表紙を付け、以下を記入
1 作品タイトル(フリガナ)
2 ペンネーム(フリガナ)
3 原稿枚数(400字詰め原稿用紙換算枚数)

2枚目に、以下を記入
1 作品タイトル(フリガナ)
2 ペンネーム(フリガナ)
3 氏名(フリガナ)
4 郵便番号、住所(フリガナ)
5 電話番号、メールアドレス
6 生年月日、応募時年齢
7 出身地(市町村まで)
8 略歴、文学賞応募歴

1200字程度(原稿用紙3枚)のあらすじを添付

原稿には通し番号をつけ、末尾に「了」の字を記す。
右上をバインダークリップで綴じる(ホチキ、ヒモは不可)
原稿が厚い場合、2冊分冊可。封筒はひとつに。

データ原稿が望ましく、フロッピーディスクかCD−R(テキスト、MS Word、一太郎のみ)を添付。ラベルにタイトルとペンネームを明記。

プリントアウトはA4用紙に、40字×40行で印刷すること。

手書き原稿の場合、A4の原稿用紙を使用のこと。
鉛筆書きは不可。

【賞】
日本ホラー小説大賞 賞金500万円
 角川書店より単行本化

日本ホラー小説大賞読者賞
 角川ホラー文庫より刊行

【締切】
2017年11月30日(当日消印有効)

【発表】
2018年5月

【選考委員】
綾辻行人・貴志祐介・宮部みゆき

【選評掲載誌】
第23回 「小説 野性時代」第152号
第22回 「小説 野性時代」第140号(2015年7月号)
第21回 「小説 野性時代」 第128号(2014年7月号)
第20回 「小説 野性時代」 第116号(2013年7月号)
第19回 「小説 野性時代」 第104号(2012年7月号)
第18回 「小説 野性時代」第93号(2011年8月号)
第17回 「野性時代」第80号(2010年7月号)
第16回 「野性時代」vol.68
第15回 「野性時代」vol.56(2008 7)
第14回 「野性時代」 vol.45 (2007 8)(鼎談)
第13回 「野性時代」 vol.32 (2006 7)
第12回 「野性時代」 vol.20 (2005 7)

【サイト】
日本ホラー小説大賞 応募要項

【受賞作】
日本ホラー小説大賞歴代受賞作一覧

【受賞の傾向と対策】
ほぼ2年に一度しか、大賞受賞者が出ない厳しい新人賞です。
「呪われた新人賞」と笑い話にもなるほど有名です。

それだけ受賞作のレベルが高く、
受賞すればプロとしてすぐに活躍できる新人作家が
多いのも特徴です。

第21回(2013年)から応募規定が変わり
長編のみの新人賞になりました。

その代わり、読者賞が設けられ
一般モニターによる選出が行われます。

受賞作の傾向としては、モダンホラー、科学系ホラー、
民話、ファンタジーなど、ほかの要素とコラボさせ
ホラーの恐怖感と、別の要素のおもしろさが味わえます。

ストーリーテラーとしての才能は必須で、
読者を物語世界に引き込む技術を会得しないと
デビューは難しいでしょう。

異才のための新人賞として、これからもホラー分野のみならず
ジャンルの垣根を越える作家の登竜門になるでしょう。


日本ホラー小説大賞のサイトに
東雅夫による「日本ホラー小説大賞の系譜」が掲載されています。

posted by かつき at 13:50| 新人賞情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする