2006年08月16日

原稿の綴じ方

新人賞の応募要項に、右側を1ヶ所あるいは2ヶ所とめる、
など指定がありますので、それに従います。

もしも指定がない場合、パンチで右上に穴を1ヶ所開け
糸で穴と用紙の上辺、右辺をグルグル巻いて、とめる。
toji.JPG
(分かりやすく赤い糸で綴じましたが、応募する際は「白い糸」で綴じてください)

または、リングを使用する。

短編なら、ふた穴パンチを使用し、専用の留め金を使用する。

とやり方はいろいろあります。

私はクリップで留められたのがいちばん読みにくい。
めくっているうちにクリップが重くなりめくりにくくなるし
長編の場合、クリップのバネが弾けることもあります。

けれどクリップがいい、という下読みの方もいらっしゃるので
一概にダメ、とは言えないですね。

留め終わったら、最後まで印刷された文字が隠れずに読めるか、
最後までめくりやすいか、確認してくださいね。


応募原稿の送り方
車(セダン)原稿の印刷
車(セダン)原稿の綴じ方
車(セダン)ページ数の数え方
車(セダン)梗概の書き方
車(セダン)職歴・略歴の書き方
車(セダン)絶対に守ること
タグ:新人賞 小説
posted by かつき at 13:39| 応募原稿の送り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする