2006年08月16日

原稿の印刷

ワープロで原稿を書く場合、当然ながら縦書きです。
ブログなどで横に書くのが習慣になっていると文章の感覚が
変わりますので、応募小説ははじめから縦書きで書くのをおすすめします。

印刷用紙は真っ白のA4サイズの用紙を横に使います。

原稿用紙に文字数や、文字間隔、行間をあわせて印刷するのは
やめましょう。すごく読みにくいです。

また最終選考では、選考委員の先生に応募原稿のコピーが渡されます。
原稿用紙に印刷された小説のコピーは読みにくい。
イライラした状態でいい選考はできませんよね。

各新人賞の応募要項に、1ページの文字数と行数の指定があります。
それに従いましょう。
もしも指定がない場合、30文字×40行くらいが読みやすい。

文字間よりも行間を広く取って印刷するときれいです。

まったく知らない人に読んでもらうのですから、読みやすい印刷を
心がけてください。


応募原稿の送り方
車(セダン)原稿の印刷
車(セダン)原稿の綴じ方
車(セダン)ページ数の数え方
車(セダン)梗概の書き方
車(セダン)職歴・略歴の書き方
車(セダン)絶対に守ること
タグ:新人賞 小説
posted by かつき at 13:38| 応募原稿の送り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする