私がデビューしたころ 芦川澄子 「愛と死を見つめて」のころ

芦川澄子は昭和34年に「愛と死を見つめて」で
「週刊朝日」「宝石」共同募集の第2回に入選してデビューします。

 昭和三十四年に「週刊朝日」と「宝石」が共同募集をした懸賞小説に、私の作文のような小説が入選したのがデビューと云えば云えるのかもしれませんが、その後「宝石」がなくなるとともに、私も自然に消えてしまって幾星霜、私は書き手よりも読み手の地位に安住しておりました。

(中略)

 私は専業作家になるほどの才能がないことを自覚していましたが、「宝石」社の方ではものになるなら作家として育てようというお考えもあったのでしょう、ある時、当時の編集長だった大坪直行さんが、上京した私を江戸川乱歩先生のお邸に連れて行ってくださいました。あの頃、江戸川乱歩先生は神様みたいな存在でしたから、私はただうつむいて固くなっていました。乱歩先生が「あんたの原稿は、誤字脱字がやたらと多い。わからない字は、変な漢字を使わずに仮名で書きなさい」と仰云ったことは肝に銘じております。

(中略)

 私が週刊朝日の懸賞小説に入選して、一番嬉しかったのは、賞金の十五万円もさり乍ら、乱歩先生にお目にかかれたことかもしれません。乱歩先生のお励ましにも報いず、私の人生の終りに近づいて、作家としては結局目が出ませんでしたが、ミステリーの楽しみかたを目いっぱい味わって、悔いのない生涯を送ることが出来ました。

 生まれ変わったら鮎川賞にでも挑戦してみるか? などと云ったこともありますが、ミステリー作家の創作の苦労を思うと、怠け者の私は、やはり、来世でも書き手より読み手の道を選びたいと思っています。


芦川澄子は鮎川哲也夫人。
「鮎川賞に挑戦する」というのは、お宅で言われたジョークなのでしょう。

2007年11月に、デビュー作を含む
『ありふれた死因』を上梓。
作家活動は5年ほどだったようですが
印象深い作品が多く、このように晩年になって
本になることもあるんですね。
ま、鮎川哲也夫人として文壇とのおつきあいが続いている
ということも大きく影響しているでしょうけれど。


「ミステリーズ!」 vol.26 2007年12月より引用

ブログで読みやすくするために改行を入れています。

【芦川澄子 プロフィール】
1927年東京生まれ。甲南高女卒業。
1959年「愛と死を見つめて」が第2回「週刊朝日」「宝石」共同募集に一等入選。
1964年鮎川哲也と結婚。
1967年離婚。のち復縁。

コンテンツ
作家になる方法
点線新人賞は作家の入口
点線新人賞を選ぶ
点線レベルダウンした新人賞を選ぶ
点線純文学かエンタメか
点線小説を書き続ける
点線小説の上達法
点線作家になるための読書法

新人賞のとり方
点線デビューのかたち
点線選評から学ぶ
点線受賞作から学ぶ
点線新人賞の選考とは
点線一度落選した作品
点線二重投稿は禁止

作家になるための参考書
点線小説指南書 ★★★★★
点線小説指南書 ★★★★
点線文学の参考書
点線長編小説の参考書
点線短編小説の参考書
点線ミステリーの参考書
点線ホラー小説の参考書
点線時代小説の参考書
点線文章の上達法
点線小説の小技
点線お助け辞典
点線新人賞応募の参考書
点線読書案内

原稿用紙の書き方
点線書き方の注意
点線漢字とルビ
点線誤字脱字・変換ミス
点線カタカナ表記
点線ひらがな・漢字表記統一

応募原稿の送り方
点線原稿の印刷
点線原稿の綴じ方
点線ページ数の数え方
点線梗概の書き方
点線職歴・略歴の書き方
点線絶対に守ること

作家のデビュー話

このブログについて


文学系新人賞情報
点線文學界新人賞
点線群像新人文学賞
点線新潮新人賞
点線すばる文学賞
点線太宰治賞
点線文藝賞

ノンジャンル系新人賞情報
点線日経小説大賞

エンタメ系新人賞情報
点線女による女のためのR-18賞
点線オール讀物新人賞
点線大藪春彦新人賞
点線坊ちゃん文学賞
点線野性時代フロンティア文学賞
点線ボイルドエッグズ新人賞
点線小説すばる新人賞
点線ポプラ社小説新人賞
点線本のサナギ賞
点線小説現代長編新人賞
点線小学館文庫小説賞
点線角川春樹小説賞
点線松本清張賞
点線メフィスト賞

ミステリー系新人賞情報
点線小説推理新人賞
点線ミステリーズ! 新人賞
点線江戸川乱歩賞
点線日本ミステリー文学大賞新人賞
点線横溝正史ミステリ大賞
点線ばらのまち福山ミステリー文学新人賞
点線新潮ミステリー大賞
点線鮎川哲也賞
点線「このミステリーがすごい!」大賞
点線アガサ・クリスティー賞

SF系新人賞情報
点線創元SF短編賞
点線ハヤカワSFコンテスト

ファンタジー系新人賞情報
点線日本ファンタジーノベル大賞
点線創元ファンタジイ新人賞

ホラー系新人賞情報
点線日本ホラー小説大賞

時代小説新人賞情報
点線朝日時代小説大賞